記事内に広告が含まれています

【一山麻緒(マラソン)】の経歴がヤバい!MGC内定2位で連続の五輪出場!

オリンピック

パリオリンピックの日本代表に選ばれた一山麻緒選手(マラソン)の経歴をご存知でしょうか?

彼女は高校まで無名の選手で、数々の困難を乗り越え、見事な成果をあげ続けています。

そんな一山麻緒選手ですが、東京オリンピックに続いて、再びオリンピック出場を果たすという偉業を成し遂げました。

彼女の成功の秘訣や、どのようにして彼女がこのレベルまで登り詰めたのかを知りたくありませんか?

・【一山麻緒】の経歴は?
・【一山麻緒】のプロフィールは?

など、気になりますね♪

この記事を読み進めることで、一山麻緒選手がどのような経歴を持ち、どのような努力を積み重ねてきたのか、詳しく知ることができますよ!

さらに、一山麻緒選手の成功の裏にある秘訣や、その挑戦の道のりについて深く理解することで、彼女への親しみをより感じることでしょう~^^

この記事で分かること!

・【一山麻緒】の経歴は?
・【一山麻緒】のプロフィールは?

【一山麻緒】の経歴は?

麻緒選手、実業団に入ってから凄いんだね♪

一山麻緒選手の経歴について、小学時代から年代を追ってお話します。

小学時代(2004~2010)

小学5年生の時、出水市立西出水小学校に通っていた際に、陸上競技を始めることになりました。

きっかけは、「運動会で一等賞を取りたかったから」という理由からでした。

それまでは、特にスポーツに興味があったわけではありませんが、どうしても一等賞が取りたいとの思いが強かったと云われています。

その時の喜び達成感を味わいたく、もっと陸上競技に取り組んでみようという気持ちが芽生えました♪

それ以来、放課後の時間を利用して学校のグラウンドで練習を始めました。

先生や友達からの応援もあり、練習に励む日々が続きました。

毎日の練習の成果が少しずつ現れると、それがさらにモチベーションとなり、もっと速く走りたいという思いが強まりました。

一山麻緒選手は、出水市民駅伝に出場しました。

その時、彼女は4区を担当し、小学生の部で素晴らしい成績を収めました。

特に注目すべきは、彼女がこの大会で新記録を樹立したことです。

この大会での一山麻緒選手の走りは圧巻だったようです^^

1.66キロメートルの区間を6分22秒という驚異的なタイムで駆け抜け、その速さと持久力で観衆を魅了しました。

この記録は、小学生の部において新しい大会記録となり、その優れたパフォーマンスは多くの人々の記憶に残りました♪

中学時代(2010~2013年)

出水市立出水中学校に進学してからも、全国大会への出場はありませんでした。

しかしながら、様々な大会で素晴らしい成績を残しています。

中学校3年生の時には、薩摩川内市で開催された記録会に出場し、女子800メートルと1500メートルの部で見事に大会記録を更新しました。

この記録会での成功は、一山麻緒選手の努力才能が結実した瞬間でした。

また、この頃から彼女の競技力はさらに高まり、地元だけでなく、広く注目される存在となっていきました。

さらに、第10回ひとよし春風マラソン(2013年2月、熊本県人吉市)にも出場し、女子3キロメートルの部で1位に輝くという快挙を成し遂げました。

この大会でも、一山麻緒選手の速さ持久力が際立ち、観客や他の選手たちを驚かせました^^

この中学時代に積み重ねた経験と記録は、その後の競技人生においても大いに役立ち、さらなる飛躍への礎となっていますよ^^

高校時代(2013~2016年)

2013年に、一山麻緒選手は出水中央高等学校へ進学しました。

高校生活の中で陸上競技に力を入れ、日々練習に励んできました。

特に高校3年生の時には、全国高等学校総合体育大会〈第68回全国高等学校陸上競技対抗大会〉に出場する機会を得ました。

この大会は和歌山県で開催され、多くの才能ある選手が集まる大規模な大会です。

一山麻緒選手は、この大会で女子1500メートル3000メートルの種目に出場しました。

全国規模の大会での挑戦は、彼女にとって大きなステップであり、競技者としての経験値を大いに上げる機会となりました。

しかし、結果は残念ながら予選で敗退というものでした。

いずれの種目でも決勝には進出できませんでしたが、この経験は彼女にとって、非常に貴重なものでした。

予選落ちという結果にもかかわらず、彼女はこの大会を通じて多くを学びました。

全国のトップレベルの選手たちと競い合う中で、自分の課題今後の方向性を明確にすることができたとのことです!

高校時代のこうした経験は、一山麻緒選手の競技人生において大きな影響を与えました。

挫折を経験し、それを乗り越えるための努力を続けたことで、彼女はメンタル面においても一層強い選手へと成長していきました!

こちらの画像は、母校の後輩たちが、東京五輪の札幌へ「応援メッセージ」を寄せ書き、一山麻緒選手へ送ったエールになります♪

温かい後輩たちですね^^

高校時代、麻緒選手は悔しい思いをいっぱいしたんだね!
だからこそパリオリンピック、がんばって欲しいね^^

現在[実業団(ワコール → 資生堂)](2016年~)

実業団チームでの実績!

2016年:
一山麻緒選手は高校を卒業し、その後、ワコールに入社しました。

ワコールはスポーツ選手としてのキャリアを支援する企業であり、一山麻緒選手もそのメンバーとして本格的に、陸上競技に取り組む環境が整いました。

入社後、彼女は全日本実業団対抗女子駅伝(宮城県)に出場しました。

この大会は全国の実業団チームが集まって競い合う非常にレベルの高い大会であり、一山麻緒選手にとっても大きな挑戦となりました。

この大会において、一山麻緒選手は1区を担当し、7Kmを驚異的な走りで駆け抜け、21分50秒の区間新記録を樹立しました。

彼女の走行タイムは、これまでの記録を大きく更新するものであり、その圧倒的なパフォーマンスは観客や他の選手たちを驚かせました。

この新記録の樹立は、一山麻緒選手の努力才能が結びついた結果であり、これからの競技人生においても大きな励みとなりましたね^^

ワコールに入社してからの一山麻緒選手は、ますます充実した練習環境の中で、自身の競技力を磨いていきましたよ♪

2017年:
一山麻緒選手は、日本陸上選手権クロスカントリーに出場し、初めての優勝を果たしました。

日本全国から優秀な選手が集まる非常に競争の激しい大会であり、この優勝によって、一山麻緒選手の実力を証明する大きな出来事でした。

これをきっかけに、一山麻緒選手は、国内だけでなく国際的な舞台への切符も手にすることになりました。

その結果、彼女は世界クロスカントリー選手権大会にも出場することになりました♪

この大会は世界中のトップ選手が集まる大規模な競技大会であり、非常にレベルが高いことで知られています!

世界クロスカントリー選手権大会では、一山麻緒選手は堂々たる走りを見せ、39位という成績を収めました。

この結果は、世界のトップ選手たちと肩を並べて競い合う中で得たものであり、彼女にとって非常に貴重な経験となりました。

順位自体は上位とは言えないかもしれませんが、世界の舞台で健闘したことは、彼女のキャリアにとって大きな意味を持ちます!

日本国内での初優勝から国際大会への挑戦まで、一山麻緒選手の2017年は、充実した飛躍の年となりました^^

2019年:
一山麻緒選手は、初めてフルマラソンに挑戦しました。

その舞台となったのは東京マラソンであり、初のフルマラソンながら女子総合で見事、7位入賞という成績を収めました。

初挑戦でこれほどの順位を達成するのは、とても難しいことであり、一山麻緒選手の実力努力が大いに実を結んだ瞬間でした^^

しかしながら、東京マラソンの結果では、MGC(マラソングランドチャンピオンシップ)の出場資格を獲得することはできませんでした。

MGCは、東京オリンピックの代表選考を兼ねた重要な大会であり、多くの選手にとって目標とする大きな舞台です。

彼女にとっても、出場資格を逃したことは悔しい出来事でしたね!

その後、一山麻緒選手は、再び挑戦の機会を得るためにロンドンマラソンに出場しました。

この大会で、彼女は見事な走りを見せ、ワイルドカードを獲得することに成功しました。

ロンドンマラソンでの快挙は、一山麻緒選手の粘り強さ実力を再び証明するものであり、彼女の競技者としての成長を感じさせるものでしたよ^^

このように、2019年は一山麻緒選手にとって、挑戦成長の年となりました。

初めてのフルマラソンでの好成績から、MGC出場資格を逃す悔しさ、そしてロンドンマラソンでのワイルドカード獲得まで、多くの経験を通じて彼女は、精神的に一層強くなりましたね^^

ワイルドカード

ロンドンマラソンのワイルドカードは、通常の予選や特定の条件を満たさないランナーに対する特別な招待枠を指します。

ワイルドカードは、大会主催者や関係者が特定の理由から、注目すべきランナーに対して発行されることがあります。
これは、そのランナーが過去に顕著な実績を持ち、大会にとって興味深い競技を提供する可能性があることを示しています。

ワイルドカードの利点は、大会にとって注目度の高いランナーや競技レベルの向上に寄与することが期待される一方で、競技に対する一層の興味関心を生み出すことがあります。

2020年:
一山麻緒選手は、名古屋ウィメンズマラソンに出場しました。

この大会で彼女は素晴らしい走りを見せ、2時間20分29秒日本歴代4位という驚異的な記録を樹立しました。

この記録は、彼女の努力と才能が実を結んだ結果であり、陸上競技界に大きな衝撃を与えました。

名古屋ウィメンズマラソンでの偉業により、一山麻緒選手は、東京オリンピックの女子マラソン日本代表の座を獲得することになりました。

オリンピック代表の座を手にすることは、すべてのアスリートにとって大きな目標であり、一山麻緒選手にとっても夢の実現でした♪

彼女のこれまでの努力熱意が、この結果に繋がりました!

一山麻緒選手のこの偉業は、彼女の才能の賜物です。

日々の練習で培った走力精神力が、このような結果をもたらしたんですね^^

名古屋ウィメンズマラソンでの快挙は、彼女がいかに高いレベルで競技に取り組んできたかを示しています。

また、この記録は彼女自身だけでなく、応援してくれた全ての人々にとっても大きな喜びとなりましたね^^

女子マラソン入賞で17年ぶりの快挙!

2021年:
一山麻緒選手は、東京オリンピックの女子マラソンに出場し、素晴らしい結果を残しました。

彼女は、走行タイム「2時間30分13秒」で見事に8位入賞を果たし、日本人としては17年ぶりの快挙となりました。

この結果は、2004年アテネ五輪で、日本3選手(野口みずき 1位、土佐礼子 5位、坂本直子 7位)が揃って入賞して以来のことです♪

オリンピックでの入賞により、一山麻緒選手の努力と実力が世界の舞台で認められた瞬間であり、多くの日本人に感動を与えましたよ^^

東京オリンピックでの彼女の走りは、多くの困難を乗り越えた末のものでした。

過酷なトレーニングと厳しい競争を経て、彼女は見事にその実力を発揮しました。

8位入賞という結果は、一山麻緒選手自身にとっても、大きな達成感を得るものであり、今後の競技生活においても大きな自信になりましたね^^

さらに同じ年、一山麻緒選手は、男子マラソン日本記録保持者である鈴木健吾選手と結婚しました。

鈴木健吾選手もまた、陸上界で非常に高い評価を受けている選手であり、この結婚は多くの人々に祝福されました。

二人は共に、陸上競技に情熱を持つアスリートとして、お互いを支え合いながら新たな人生を歩み始めました。

2021年は、一山麻緒選手にとって、非常に重要な年となりました。

高校時代まで無名だった彼女ですが、東京オリンピックでの8位入賞と鈴木健吾選手との結婚という二つの大きな出来事は、彼女の人生競技キャリアにおいて忘れられないものですね^^

ワコールから資生堂へ移転!

2022年:

一山麻緒選手は、これまでの所属先であったワコールを退社し、新たに資生堂に入社しました。

ワコールでは長年にわたり多くの経験を積み重ね、多くの成果を収めてきました。

しかし、一山麻緒選手は、さらなる挑戦成長を求めて、新しい環境へと移ることを決意しました。

資生堂は、スポーツ選手としての活動を強力にサポートする企業であり、彼女にとっても新しいスタートを切るのにふさわしい環境です。

入社後、一山麻緒選手は、資生堂の陸上チームのメンバーとして、新たなトレーニングメニューに取り組み始めました。

この新しい環境で、彼女はこれまで以上に競技に集中し、自身の限界をさらに引き上げることを目指しています!

ワコールでの経験は、一山麻緒選手にとって非常に貴重なものでした。

数々の大会で優れた成績を収め、多くの応援を受けながら成長してきました。

その一方で、新しい環境に身を置くことで、さらなる飛躍を遂げるチャンスを見い出しています。

資生堂に入社したことで、一山麻緒選手のトレーニング環境やサポート体制はさらに充実しました。

新しいコーチやチームメートとともに練習を重ねることで、新たな戦術技術を習得し、競技力を一層高めることが期待されています♪

資生堂の陸上チームは、国内外で高い評価を受けており、一山麻緒選手の新たな挑戦を後押ししていますね^^

高校時代に無名だった選手が、オリンピックに出場するって凄いことだね!

それでは次に、一山麻緒選手のプロフィールについて紹介します。

【一山麻緒】のプロフィール

麻緒選手のプロフィールを知りたいね^^

プロフィール

◆名前:一山 麻緒(いちやま まお)
◆生年月日:1997年5月29日
◆年齢:27歳(2024年6月現在)
◆身長:158cm(2024年6月現在)
◆体重:43Kg(2024年6月現在)
◆出身地:鹿児島県出水市
◆出身小学校:鹿児島県出水市立西出水小学校
◆出身中学校:鹿児島県出水市立出水中学校
◆出身高校:鹿児島県立出水中央高等学校
◆所属:資生堂(2022年4月1日付で入社)
◆趣味: 作家さんの器、美容、ファッション
◆特技:コーディネート
◆1500m公認:4分28秒35(2015年)
◆3000m公認:8分53秒54(2017年)
◆5000m公認:15分06秒66(2020年)
◆10000m公認:31分11秒56(2020年)
◆ハーフマラソン公認:1時間08分28秒(2021年)
◆マラソン公認:2時間20分29秒(2020年 日本歴代4位)

一山麻緒選手は、ランニングに熱心に取り組むだけでなく、美容ファッションに対しても強い興味を持っており、自分自身のスタイルを非常に大切にしています。

彼女はコーディネートを特技として挙げており、とても洗練されたものとなっています♪

一山麻緒選手のファッションセンスは、スポーツウェアからカジュアルな服装まで幅広く、どの場面でも自分らしさを表現していますね^^

また、高校時代までは無名の存在だった彼女が、実業団に入ってからその才能が一気に開花しました。

クロスカントリーで日本一の座に輝いた後、次なる挑戦としてマラソンに打って出ることを決意しました。

そして、彼女の努力は実を結び、東京オリンピックの最後の一枠を見事に掴み取りました!

このような経歴を持つ”一山麻緒選手”へ、元アスリートの書道家である春流・破留白鳥正人)さんから、誕生日に「名前ポエム」でお祝いが贈られました♪

こちらが、そのときの「名前ポエム」になります^^

麻緒選手のプロフィールがよく分かったよ♪

【あわせて読みたい記事!】

[五輪マラソン女子]
前田穂南選手(マラソン)の経歴が凄く、19年ぶり日本新記録五輪出場については、こちらからご覧になれますよ!

【前田穂南(マラソン)】凄い経歴!19年ぶり日本新記録で五輪出場!
2024年のパリオリンピック日本代表に選ばれた前田穂南選手は、19年ぶりに日本新記録を更新し、五輪出場の切符を手にしました。しかし彼女の高校時代は、秀でた成績が残せていません。彼女がどのようにして、今の成功に至ったのか、さらにプロフィールについてもお話します。

[五輪マラソン女子
鈴木優花選手(マラソン)の経歴が凄く、MGC内定1位の実績があり、さらにプロフィールについては、こちらからご覧になれますよ!

【鈴木優花(マラソン)】の経歴が凄い!MGC内定1位でプロフも!
2024年のパリオリンピック日本代表に選ばれた鈴木優花選手ですが、どれだけの方が知っているのでしょう?彼女はマラソン界で急速にその名を広め、数々の大会で優れた成績を収めてきました。そこで彼女の経歴をお話し、さらに年齢や身長などプロフィールについても紹介します。

[五輪卓球女子
張本美和選手(卓球)の学力がすごく、また高校全国模試1位の秘密については、こちらからご覧になれますよ!

【張本美和】の学力全国模試1位がすごい3つの理由は?高校の偏差値は80以上!
張本美和選手の学力に関する秘密に迫ります!彼女が全国模試1位や高校の偏差値80以上の輝かしい成績を収める背景には、一体どんな秘訣が隠されているのでしょうか?日々の努力や独自の学習方法、そして卓球とのバランスなど、彼女の成功の鍵を解き明かしていきます。

[五輪卓球女子
平野美宇選手(卓球)の家族構成5人で、父親は医師、母親は卓球コーチ、および彼女のプロフィールについては、こちらからご覧になれますよ!

【平野美宇】家族構成は5人!父親は医師で母親は卓球コーチでプロフも!
平野美宇選手の家族構成をご存じですか?卓球界で輝く彼女の背後には、どのような家族の支えがあるのでしょうか?現在、父親は医師、母親は卓球コーチですが、どのように彼女の成功に寄与しているのかを明らかにします。また、彼女のプロフィールも併せて紹介します。

[五輪卓球女子
早田ひな選手の卓球強すぎる理由を考察し、東京オリンピック補欠からパリ五輪へ出場、及び卓球キャリアプロフィールについては、こちらからご覧になれますよ!

【早田ひな】卓球強すぎる理由考察!東京オリンピック補欠からパリ五輪出場へ!
早田ひな選手が卓球界で、驚異的な強さを誇る理由は何なのでしょうか?東京オリンピックでは補欠として経験を積んだ彼女が、パリ五輪への出場を果たすまでに飛躍した背景や理由に迫ります。また、彼女の卓球キャリアや誕生日、血液型などプロフィールについても紹介します。

[五輪卓球男子]
張本智和選手(卓球)の両親中国から来た理由、および父親が日本に帰化した真相については、こちらからご覧になれますよ!

【張本智和】の両親が中国から来た理由!父親が帰化した真相を徹底解説!
張本智和選手は、日本を代表する卓球選手として知られていますが、彼の両親が中国から日本に来た理由や、父親が日本に帰化した背景についてはあまり知られていません。そこで、その真相を明らかにします。また、彼のプロフィールも併せて紹介します。

[五輪卓球男子]
戸上隼輔選手(卓球)の家族構成が驚きで、父親母親は卓球経験者、兄弟はどんな人については、こちらからご覧になれますよ!

【戸上隼輔】の家族構成が驚き!父親母親は卓球経験者で兄弟はどんな人?
日本を代表する卓球選手である戸上隼輔選手の家庭環境ですが、彼の両親はともに卓球の経験者であり、その影響を大きく受けています。また、兄弟の存在が戸上隼輔選手の成長に、どのような影響を与えたのかも興味深いところです。さらには彼のプロフィールも併せて紹介します。

[五輪卓球男子]
篠塚大登選手(卓球)の家族構成で、父親は卓球部顧問、母親兄弟はどんな人については、こちらからご覧になれますよ!

【篠塚大登】の父親は卓球部顧問で家族構成は?母親や兄弟はどんな人?
卓球の世界で輝きを放つ篠塚大登選手ですが、彼の背後には、どのような家庭環境があるのでしょうか?父親は卓球部の顧問ですが、卓球の経験はありません。そんな父親のもと、どのようにして卓球の才能を開花させたのか真相に迫ります。また、彼のプロフィールも併せて紹介します。

まとめ

・【一山麻緒】の経歴は?
 →小学時代から現在に至るまでの経歴を記事内にまとめました。

・【一山麻緒】のプロフィールは?
 →誕生日や出身地、また競技における公認タイムなどを記事内にまとめました。

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました